マンションを貸すことで感じたメリットとデメリット

副業に該当

副業に該当 : いざというときには苦労するかもしれません : 良い借り主に出会えるよう私も尽力していきます

4年前に分譲マンションを購入したのですが、急な事情により引っ越すことになりました。
その際に考えたのが、この部屋どうしようということです。
そのまま売ってしまっても良かったのですが、何となくもったいない気もして、でも引っ越しは絶対にしなければならずで頭を痛めていました。
そんな矢先に浮かんできたのが、マンションを貸すという選択肢です。
正直ローンもまだまだ残っている状態だったので、売却の方がこの時点ではお得でした。
将来的にまたその部屋に住めるかも判りませんでしたし、我ながらリスクのある選択をしたなと思っています。
それでも結果的に良かったと言える理由がいくつかあり、これからそのお話しをさせていただきます。
まずマンションを貸すことで一番メリットに感じたのは、やはり家賃収入があることでした。
私の持っていた部屋は立地条件もなかなか良く、土地自体の価値も高かったため人気がありました。
そのため貸し出すとすぐに借り主が見つかり、以降も何度か住人は変わりましたが人気が衰えることはありませんでした。
人気があるということは、多少賃料を引き上げても問題が無いということです。
具体的な金額の明記は避けますが、当初に想定していたよりも随分高く貸し出せたので最高でした。
今まで不動産投資などに全く興味は無かったものの、この経験を機にとても興味が湧いたこともまた事実です。
ただ本業のある私にとって、これは副業に該当します。

10年後くらいに買い換えする(貸す?)つもりで中古マンションをえいやっ!って買ったよ??ww

— さつまいもR???5/17*4m♀ (@satsuma1m0) 2019年9月29日